淡路市立中央公民館(しづのおだまき館)内
〒656−2131
兵庫県淡路市志筑3117-1
TEL0799-62-0157 FAX0799-62-6844

淡路少年少女発明クラブ

淡路少年少女発明クラブ設置の目的
awaji boys & girls invention club

概要 目的 事業内容 事業計画 アイデイア工作 課題工作 工場・科学館見学 規約 受賞歴
目的

トップページへ

次ページへ
科学技術に関する学習の振興等
津名町少年少女発明クラブ(仮称)の結成について
  少年少女に科学的な興味、関心を追及する場を提供し、自由な環境の中で創作活動を行い、作品を完成させる喜びを体得させ、科学的発想に基ずく生活態度を育成すると共に、創造性豊かな人間形成を図ることを目的として淡路少年少女発明クラブを設置する。
 第19条 国は、青少年をはじめ広く国民があらゆる機会を通じて科学技術に対する理解と関心を深めることができるよう、学校教育および社会教育における科学技術に関する学習の振興並びに科学技術に関する啓発及び知識の普及に必要な施策を講ずるものとする。 
科学技術基本法 第一章総則(地方公共団体の責務)
津名町には、伝統文化、旧所名跡など地方文化の香り豊かな誇りとすべきことが方々で見られます。また、
スポーツ、サークル活動なども活発に行われています。その他、淡路の自然を生かしたリゾート・ゾーンとしてこれから大いに期待されているところです。
地方の町、津名町のこれからの発展を期待した場合、特に望まれているのは人的資源の開発であります。
即ち、固定概念にとらわれることなく国際社会に通用する町民が互いに力を出し合って町発展に尽力して行くことが当面の課題であります。その基盤になるのが産業の振興であります。終戦後日本が目覚ましい発展を遂げ世界有数の経済大国となれたのも高度技術を駆使した製品を輸出できたからと言っても過言ではないでしょう。
昨今、国際社会では、こうした日本の発展過程において外国の技術盗用を盛んに指摘してくると共に高度技術の流出に警戒感が高まっています。これを言い換えれば、基本発明は外国、その応用発明や製造技術は日本ということになります。
従来より日本は一部分野を除いて学歴社会が当たり前という形で進んできましたが、人の個性、特質などにあまり重点を置かずにいましたから、創造的な分野における人材の育成に問題が出てまいりました。
わたしは、この点に注目して子ども達の発育段階で創造的な発想を自由にできるように方向づけるため、別記発明クラブを結成することを提唱致します。
 (平成元年7月7日 発起人 津名町 生穂 堀口 純)
科学技術基本法(平成7年11月15日法律第130号)
第4条 地方公共団体は、科学技術の振興に関し、国の施策に準じた施策及びその地方公共団体の区域の特性を生かした自主的な施策を策定し、及びこれを実施する責務を有する。